YouTubeを観ていて、
再生が止まってしまうときがあります。

サクサク再生しているときと、止まってしまうときとで
何が違うのか、、、。

よく観ると、動画の下に表示されている
赤い部分の先(右側)に伸びていく、
グレーの部分が長いときはサクサク、
ほとんどない、もしくはないときは止まってる、
ようです。

このグレーの部分が、「アレ」です。
シークバーというらしいですね。

シークバー

↑上の画像だと、赤は再生済み、白丸が現在再生箇所で、
そこから右側の、やや薄いグレーのところ、です。

調べてみると、、、ここは、どうやら、データを「先読み」
している部分らしい、ですね。

つまり、「先読み」が足りないと、「再生」に追いつかれてしまい、
追い越しはできないので、そこで止まってしまう。

「先読み」がたくさんできていると、余裕で「再生」できる。

こういうことのようです。

さて、先日開催した、ひとり社長だけ集まれー!交流会の方に、
後で言われたのですが、、、

私が、参加者の方のオヤクダチストーリーを聞き終わってすぐに、

「つまり、・・・という話ですね」
「タイトルをつけると、・・・といった感じですね」

などとまとめているのを見て、それはなかなかできない、
できるのが不思議だ、というのです。

なるほど。意識してやってはいるものの、
あらためて、そう言って頂いて、では、
自分はなぜそれができるのか?と内省してみました。

で、気づいた、というか、意識化できたのは、

  • 話の途中で(しかも割りと早い段階で)、
    終わりまで聞くことなくタイトルを決めていること
  • そのタイトルに見合った話の展開を先に予想して、
    情報を聞き取っていること
  • 聞き取った情報を、タイトルに合わせて切り取るか、
    要約していること

です。

なので、話を聞き終わった瞬間に、
「再生」できるようになっているのです。

こうして自覚化してみると、
面談・個別コンサル・グループコンサル・
会議ファシリテーション・パネルディスカッションコーディネーター
など、あらゆる場面で、このような聞き方をしていると
気づきました。

そして、こういう聞き方が、YouTubeを再生するときの「アレ」、
すなわち、シークバーの「グレーの部分」に相当するのではないかと
気づいたのです。

名づけて、「先読みヒアリング」、といったところでしょうか。

ちなみにこれは、前職シンクタンク時代からの経験の蓄積の結果、
必要に迫られてできるようになった職人技(Arts)、暗黙知の段階ですが、
いったん自覚化できた以上は、教育訓練により再現可能な技能(Skils)として
伝達できる顕在知化していきたいと思います。

というわけで、

http://onepresidents.biz/info/141113salon2/